世界自然遺産にも登録されている人気の観光スポット

鹿児島県にある屋久島は、島の9割が森林地帯となっている世界自然遺産にも登録されている島です。屋久杉や縄文杉など屋久島にしか存在していない貴重な動物や植物を見る事ができます。一人旅の方も歓迎してくれる宿泊施設も多数あり、海水浴場や温泉などのんびり過ごせるような場所も多いので、一人で旅行をしたい女性にもおすすめな観光地と言えるでしょう。 青森県と秋田県にまたがって広がっている白神山地は屋久島と同様、世界自然遺産にも登録されている場所で、世界最大級のブナ原生林がある事でも知られています。また当エリア内には大小様々な湖や沼から形成された十二湖があります。中でも、美しいブルー色の湖面が特徴の「青池」は、水中にあるブナの木が見えるほどの透明度があり、人気のスポットとなっています。

 

歴史を感じる事ができる観光スポット

五稜郭公園は北海道函館市にある公園で、北方エリアの防備を目的として造られたフランス建築方式の要塞です。幕末には旧幕府軍と新政府軍が戦った函館戦争の舞台としても知られています。現在は公園として一般にも開放されており、園内には新選組の隊士として活躍した土方歳三のブロンズ像などがある五稜郭タワーなどがあります。また春には桜、秋には紅葉など四季折々の草花を眺めながら散策できるのが魅力となっています。 「近江八幡」は滋賀県琵琶湖の東側に位置している豊臣秀次が開いたと言われている城下町です。レトロな木造建築や昔ながらの堀などが残っているので、江戸時代の雰囲気が楽しめます。手こぎ船などに乗って水辺の景色が楽しめる水郷巡りや八幡堀巡りも当エリアではおすすめと言えるでしょう。